サムブログ | 封入封緘機、供給機なら | サム技研セカンド

052-601-1531

営業時間/9:00〜18:00【土・日・祝日は除く】

SOMEⅡ Blog
~夜のサム技研II~

HOME > SOMEⅡ Blog > つぶやき

つぶやき

先日のこと
とあるお客様と昼ご飯をご一緒させていただきました
お店に向かう途中、会話から何となく嫌な予感がしていたのですが・・

なんとハンバーグが4個!
その量は450g!
お客様の1人はこれを週2ぐらいのペースで食べていたとか!

そしてその方はライスも大盛!
写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなりの量なんです。
普通盛りでも多いと感じたのに、それに2回りぐらい足した量。
うん、もうギャグでした。思わず笑ってしまう量・・・。

見事に完食していました。

私も無言になるくらい必死になりつつ、なんとか完食。
味はおいしかったです。
やっぱり働く男たるもの肉食じゃなきゃいかんな!と思いつつ
午後はゲップが止まらなかったけれども(汚い話ですみません)
おかげで仕事が頑張れたと思います

お客様から良いお店を紹介していただき
自分の引き出しが増えるという。
これも出張中のささやかな楽しみです。

kohei

つぶやき

新年の目標

2012.01.06 18:34

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年を迎えると何故か
目標を立てたくなりますね。
まだ立てていない貴方には、こんな目標はいかがでしょうか?

「毎日、昨日よりも1分だけ目覚まし時計を早くセットする」

昨日よりもたった1分早く起きるだけです。
これならできそうですよね?

HAPPY

つぶやき

Curiosity make the man

2011.11.28 18:52

ある出張帰りのこと。

北陸での仕事を終え、高速道で帰社中に、
自衛隊小松基地近くを通りかかりました。

小松基地の名前くらいしか知らなかった自分は、
こんなところにあったのか、くらいに思っていたのですが、

運転中のHAPPYさんが、

「小松基地!航空祭!もうそんな季節か!」

と航空祭について語りだしました。
まったく航空祭や、ブルーインパルスについて知らなかった自分は、

自衛隊の、華麗なアクロバット飛行を披露する専門のチームが、
ブルーインパルスで…うんぬん

という、HAPPYさんのブルーインパルスへの想いを、
小一時間聞いているうちに興味が沸いてきて、
YOUTUBEでブルーインパルスの動画を見たのが、二週間前。

気が付けば昨日、岐阜基地の航空祭に行っていました…

頭上を爆音で飛んでいくF-15や、
ラジコンか鳥のように、自在に空を滑空するブルーインパルスは、
自分にとって非日常そのもので、なかなかに刺激的でした。

最近、新しい刺激がないなとお思いのあなた。
航空祭にいってみるのも、いいかもしれませんよ。

YKO

つぶやき

珍百景

2011.11.15 18:21

うちのブログに、どうもおいでやす。
先日、京都ぶらり旅に行ってきたYKOです。
京都は紅葉にはまだ早くて、
ところどころ色づいているくらいでしたが、
みなさんの周辺の紅葉は、もう赤く染まっていますでしょうか?

京都に行く前日、実は金沢にいまして、

金沢→名古屋→京都

と各地を転々と移動していました。
お客様に、

「出張多いでしょ?」

という問いかけに、

「もちろんです!」

と胸を張って答えるくらい、出張慣れしてきた今日この頃。
出張先で、見知らぬ土地を訪れると、
予期せぬものに遭遇したりします。

この前、とあるサービスエリアでご飯を食べました。
結構大きなサービスエリアで、高速からだけではなく、
一般道からも中に入ることができ、
魚市場や、土産物屋、フードコート、コンビニなど、
さまざまな店が入った、ショッピングセンターのような場所でした。

入り口のリサイクルショップには、
巨大な藤椅子が置かれ、値札には、

「ヤケクソ!500円」

と書かれていたり。

お土産を買うともらえる抽選券で引く福引が、
ほとんど当たりだったり。

駐車場がなぜかいつも満車だったりと、
少し変わったサービスエリアでした。
ご飯を食べた後、駐車場に移動する際に、
ほどほどの大きさの、ゲームセンターの前を通りました。

さっきまで、
iPadに興味津々の土産物屋のおばちゃんに捕まっていたHAPPYさんが、
おもむろにゲームセンターに入っていきました。

なにかやりたいゲームでもあるのかな…
いやいや…

と思いつつ付いていくと、

立ち止まったHAPPYの前にはこんなガチャガチャがありました。

「ガチャガチャ…両替機…」

なぜ普通の両替機を置かないんだ…
百円持っていなかったら、どうするんだ…

と頭を悩ましながら、二人帰路に着きましたとさ。

つぶやき

いいまつがい

2011.08.30 18:39

昨日、宅配の不在届けが家のポストに入っていました。
一人暮らしだと、なかなか宅配物を受け取るのが難しいので、
最近は会社に転送してもらうように、
業者さんに頼むことが多かったりします。
今回も会社まで届ける依頼をしようと、
集荷先に電話をしました。

荷物の追跡ナンバーや自分の名前、住所などを、
受付の方に伝えた後、荷物の転送を頼みました。
「どちらに転送なさいますか?会社ですか?」

と聞かれたので、

「Yes,off couse! the receiver’s adress is …」
(ああ、もちろんさ!受け取り先は…)

と住所を告げると、

「What is your company name?」
(会社の名前はなんですか?)

と聞いてきたので、

「My company name is SOME ENGINEERING COMPANY 2nd」
(サム技研Ⅱだよ)

と答えると、

「….HAMU ENGINEERING COMPANY?」
(…..ハム技研?)

と言ってきました。

「No,No,No. SOME ENGINEERING COMPANY」
(ちゃうちゃう、ちゃうがな。サム技研やがな)

と訂正すると、

「Yeah! I got it! TAMU ENGINEERING COMPANY!」
(ああ!わかったわ!タム技研ね!)

と間違っていたので、

「Oh my Godness… name is ‘some’ ok?」
(んなあほなことがあるかいな…サム、わかるかい)

「ah…some…」
(あーサムね)

というようなやり取りが繰り広げられました。

ちなみにハム技研、タム技研でGoogle検索をすると…

ハム研究所と、電子和太鼓製造メーカーがトップに…

くるわけはなく、
食品機械製造メーカーと、バルブメーカーがトップにきました。

海外から個人輸入した荷物を見ながら、

よく英語でやり取りして、無事に届いたなあ…

と、妙な感慨にふけるのでした。

YKO

つぶやき

世にも奇妙な定食屋

2011.08.29 18:32

先日のこと。

お客様の工場で、朝から工事を行っていました。
電気配線やら、調整やらで、あっという間にお昼になり、
ご飯を食べようと、外に出ました。
サムの某S先生曰く、

「出張先では、食事の良し悪しで仕事のテンションが変わる」

といわれていることもあり、
出張先でのご飯といえば、間違いなく外食なので、
ipadを駆使して、店の吟味をするのが僕の仕事になっていました。

しかし、今回お客様の工場周辺にはまったく食事所がなかったのです。
はてさて、いったいどうしたものかな、と思っていると、
同行しているお客様Tさんがすたすたと歩いていきました。
僕とHAPPYさんは、

「むむ、なにかうまい店を知っているに違いない…」

と思って、後ろに続きました。

歩いて数分後、

ラーメン、と書かれたのぼりを発見し、
中華料理屋かなと思ったのですが、
近づくと、どうも様相が違いました。

居酒屋というか、スナックというか、
田舎の民家を中途半端に改装したような佇まいの店で、
入り口脇には、木の看板に手書きで、

「日替わり定食はじめました」

と書かれていました。
Tさんが迷うことなく入っていったので、

ほんとにここはいるの?

と躊躇していた自分は、
その店に入らざるをえなくなってしまいました。

店の中は薄く暗く、どこかの土産の人形やら、
田舎の家に置かれているような古めかしい小物が置いてあり、
カウンターの棚の上には焼酎ボトルが並んでいました。
非常に怪しい雰囲気が漂っていましたが、
ボトルには名前の書いてある札が掛かっていたので、
常連さんもいるのだろうと思い、
実は、おいしいのかもしれないぞ、という期待感が少し膨らんできました。

ただ、三つあるテーブルの一つが、おしぼりに占拠されていて、
店主であるおばさんが、
自分でおしぼりを巻いていたのを、見なかったことにすれば…ですが。
とりあえず僕らは注文をすることにしました。
僕はラーメンを頼もうとメニューを見たのですが…
「ラーメンが…ない…」
右から左まで、上から下まで、表も裏も、
手元のメニューだけでなく、壁に掛かっているメニューを見ても、
ない…

と僕が呆然としているときに、
HAPPYさんが、

「表に看板が出てたんで、日替わり定食頼むよ。
すいませーん。日替わり定食くださいー」

とHAPPYさんが店主に声をかけたのですが、
店主は苦いものを噛んだような、しぶーい顔をして、

「日替わり定食、ないよ」
え!?
だって、表に…
さすがに僕たちは顔を見合わせました。

「じゃあ、おすすめはなんですか?」

と聞くと、
店主は冷蔵庫を空け、中を調べてから、

「おすすめ、ないよ」

ないって、アンタ…
しょうがなく、僕はカツカレーを、HAPPYさんとTさんはオムライスを頼みました。
突然店主が店の外に出て行き、
数分後どこからか冷凍のカツを手に戻ってきたり、
次に入ってきた客が、日替わり定食を頼むに頼めなかったり、
といったことはありましたが、
無事に調理された料理が運ばれてきました。

オムライスを一口食べたHAPPYさんは、
なぜか悶絶し(塩コショウの塊が入っていたそうです…)、
その後も百面相をしながら、必死で食べていました。
それに比べ、Tさんは普通に完食。

チャーハンにケチャップをまぶして、
卵で包んだような味(HAPPYさん談)だったのに、平然と食べるなんて、
ここはやはりTさん行きつけの店なのか…と思いつつ店をでると、

Tさんが、

「いやー、まずかったね!」
と非常ににこやかに言いいました。
迷いなくこの店を選んだTさんも、はじめての入店でした。

僕もHAPPYさんもある意味ほっとしました…

「ところで、カレーはどんな味だったの?」
と二人に聞かれた、僕は答えました。

まんまボンカレーでした…
あと、福神漬けの代わりに紅しょうがが付け合せって…
お店選びは慎重に!

YKO

つぶやき

出張から会社に戻ると
素敵なものが机の上に置いてありました。

これはちょいちょいこのブログに登場する板金やさんからの
贈り物だとすぐに分かりました。
うれしいです。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
HAPPY

つぶやき

みなさん、朝は何時に起きますか?
出社十分前まで寝ている人や、朝五時に起きる人など、
サムの面々は様々です。
ビジネスパーソンの起床時間は、通勤時間に大きく左右されます。
会社に徒歩で通っている私、YKOは、
家を出る一時間前に起きるのが習慣になっていました。
家を出る準備をしていると、
なんやかんやで一時間くらい掛かるからという、
非常に普通な理由からでした。

しかし、最近出張に行くために、
朝早く起きる機会が増え、
徐々に早起き願望がむくむくと目を覚ましたのです。

早起きのなにが魅力なのか?

朝行動する時間が取れる、というだけなのですが、
この朝の時間というのが、一日で最も脳が働く、
重要な時間なのです。

「重要な仕事は午前中に済ませてしまう。
午後はルーチンワークをする時間だ」
と書いてあるビジネス書もありました。
子供のころ、
「夏休みの宿題は午前中にやりなさい」
と言われていた意味も同じで、
(昔は一日で最も涼しい時間だからだと思っていました)
脳がもっとも疲れていない時間なので、
高い能力を発揮できるのです。

しかも、朝の時間には締め切りがあります。
夜だとだらだらとやってしまうことも、
朝だと効率的に運ぼうとする意識が高まります。

また、環境に左右されない、まとまった時間を、
早く起きれば起きるだけ取れるので、
何かを計画的にやるには最適です。

そして、朝の時間あれば、
一日の予定を余裕を持って組めるので、
段取り力もつく、というわけです。
詳しくは、
『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! 』
という書籍をお読みください…
現在、自分の起床時間は六時過ぎです。
早く起きて何をやっているのかといえば…

仕事の予定を考えながら、ゆっくりご飯を食べて、
それからギターの練習を一時間半くらい。
朝は集中できて、いい感じです。
他にもやりたいことがあるので、
目標は五時起きですが、うーん…

もうちょっと早く起きたいと思っている、そこのあなたも、
サマータイムに便乗して早起きに挑戦してみては?

つぶやき

新デバイス登場

2011.06.01 18:26

サムに入社して以来、ipadをはじめ、
新しいテクノロジーに触れる機会が非常に多くなり、
毎日のようにカルチャーショックを味わっているYKOです。

仕事の中で、ipodtouchの機能を検証する業務があったのですが、
ipodtouchの虜になってしまいまして…
「ipadがあるのに、必要ないじゃないか」

と思われる方もいらっしゃると思います。
自分自身、使ってみるまでそう思っていました。
ipad2を発売早々に手に入れたHappyさんも、

「絶対(ipodtouch)買うことなんてないと思っていた」

と言い切っていたほど、興味を惹かれていなかったのですが、

触ってみると…
「おおー!オオー!オオッー!案外いいね!」

といじり倒していました。
基本的な性能はipadと変わりません。
ipad2を小さくしただけ…なのですが、
その小ささが、いいんです。

特に素晴らしいのが、
小さく薄いにもかかわらず、表裏にカメラがついてること。
そのカメラでムービーを撮って、その場で見たり、
専用アプリで、ipad同時でテレビ電話をしたり、
非常に手軽でありながら、驚異的な使い勝手のよさが、
魅力的なデバイスです。
スマートフォンと同じといえるかもしれませんが、
使ってみないとわからないこの使用感。

大は小を兼ねるといいますが、
小さいものには小さいもののよさがある。

仕事にもものすごく活躍しそうなこの一台。
購入を検討するのもアリですよ。

YKO

ページトップ